引っ越し作業のときの道路付け

引っ越し作業のときの道路付け

 

引越し形態は依頼者によって様々です。
運送業者としてやり易い引越しとできれば引き受けたくない引越しがあります。

 

やり易い引越しとは戸建てから戸建てです。
それも引越し元・先住宅道路付け環境が大いに影響してきます。
自分の経験ですが我が家も戸建てから戸建ての引越しを経験しました。

 

引越し元・先共に前道路は5メートル公道でしかも一般道路とは違い両道路共にうなぎの寝床状の行き止まりですから近所の方の車以外の往来がありませんので駐車問題は一切ありませでした。

 

其の為知り合いのレンターカー会社から幌付き2トンを借りてきて家族だけで引越しを済ませませることが出来ました。

 

前道路の交通量が多いと専門家に頼まざるを得ないでしょう。
道路の位置付け次第では引越しの手間が格段と違ってきます。

 

特にマンションで前道路が一車線で交通量が多いと交通規制の許可がなければ不可能です。
交通規制ともなると交通誘導員を別に配置の必要がありますからそれも経費の押し上げの原因となります。

 

というように道路の位置付けによって引越し料金が大きく変動します。
其の上手続きなどの煩雑な事も加味されますので道路によっての有利・不利がはっきりしています。
引越し見積もりを取ってみればはっきり違いが判る筈です。

 

そのことが不動産価格さえも影響を受けていて道路付けが悪いと不動産の流通が極端に悪くなり同じ番地でも売れる物件と売れない物件に評価が違ってきますから安いからといって買いますと後々大損をする事もあります。